<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Jensen HF18

東京からのお客さんと一緒に、1年ぶりにGさん宅に伺わせていただきました。

d0122127_01002996.jpg
WEの3wayは今年も端正な鳴り方を聴かせていただきました。
今年は、さらにJensen HF18も聴かせていただけました。
McMurdo Silverに搭載されていた、70年前の46cmフルレンジです。
...いい音でした。
あまりフルレンジ体験は多くないですが、
僕が聴いた限りのフルレンジではぶっちぎりの衝撃体験でした。
しっかりとハイファイな音で、50cm程度の距離でのiPhone簡易測定がこちらです。

d0122127_01042469.png

60〜12kHzまでレスポンスのある46cmフルレンジって
70年前ではほぼオーパーツなのでは?????

非常に貴重な(希少な)体験をさせていただきました。
Gさん、また遊んでください。
ご同行いただきました皆さま、お世話になりました。

[PR]
by tetsu_mod | 2018-02-12 01:06 | オーディオ | Comments(0)

フォノイコ調整

Urei 1122フォノイコライザーは左右ch独立のアウトプットゲイン可変ですが、
受けてがデジタルプリのためゲインの調整が厳密に必要です。
以前、33rpm盤に合わせていましたが、45rpmのGet Wildを入手したらクリップするようになりました。

再調整が必要です。

d0122127_12194382.jpg
クリップしないところまでゲインを下げ、だいたいの左右差を合わせます。


d0122127_12204389.jpg
テストレコードの1kHz基準音を使って、左右chの差分をみてゲインを合わせます。


d0122127_12212897.png
周差のせいか、0.04〜0.10dBの左右差が限界です。

d0122127_12223128.png
ホワイトノイズチェックです。
まぁいいかと...

無音溝で見ると、やはり60Hzが残っています。
d0122127_12232724.png
もともと120V用ですし、電源の再構築が必要ですね。

今回、45rpmにゲインを合わせたため、逆に33rpmでゲインが不足します。
入力をインプットプリへと変更して、入力ゲイン側を可変として対応しましょう。

[PR]
by tetsu_mod | 2018-02-07 12:25 | オーディオ | Comments(0)

サブディスプレイ

拙宅はリビングオーディオですので、スピーカーの真ん中にテレビがあり、
メインモニターはそっちに回しています。

オーディオラックにディスプレイを追加し、サブモニターにしてみました。
d0122127_10255559.jpg
これで、テレビを流しながら操作がしやすくなりました。
d0122127_10262454.jpg

[PR]
by tetsu_mod | 2018-02-07 10:26 | オーディオ | Comments(0)