カテゴリ:オーディオ( 676 )

ATC SCM50P(38)

前回でHigh / Midはアナログクロスオーバーは完成していますので、
今度はMid / Lowをデジタルクロスオーバーで設計していきます。
今回はIPD1200のDSPを使っています。

スピーカーを70cmの台にあげ、1.5mの距離でミッド・ウーファーの中点で測定していきます。今回はこの測定条件が限界、これ以上は我が家では無理ですね… ディナウディオ社のように体育館みたいなスケールでの測定・設計ができればもっといろんな性能が見えるのでしょうが、やむを得ません。

d0122127_23161013.png

d0122127_23161918.png


純正は25年前の製品で、アナログ・バターワース4thの設計でした。
今回はデジタル・LR4の設計です。やはりフレキシビリティが高く、このレベルのユーザーインターフェースとパラメーターを備えたコンシューマーチャンネルデバイダーがないのは残念なことです。一方で、IPD1200/2400をもう1台買い足すか、Lake LM26の導入も考えなくはなかったですがコンシューマーの家庭使用では不慮の事態も想定してツィーターにはコンデンサが入っているほうが個人的には安心だったりします。

というわけでざっくり完成です。

d0122127_23165635.png

d0122127_23170607.png

概ね、想定の性能に仕上がっていそうです。
ちょっとDSPをいじれば±1.5dBに仕上げることもできそうですが、あまり意味はないかな…
25年前のユニットですし、SM75-150のためにも500Hz LR4クロスのうえ、ミッドのf0である300Hzには LCR notch + DSP active notchとしてみました。長持ちしてくれるといいのですけど。

さて、SCM50Pのオーバーホールから始まった一連の作業もここで一段落にしたいと思います。






by tetsu_mod | 2019-03-16 23:19 | オーディオ | Comments(0)

ATC SCM50P(37)

MDFとシナベニアでネットワークボードを作っていきます。


d0122127_10552858.jpg

d0122127_12130762.jpg


d0122127_12133231.jpg


d0122127_12134880.jpg


d0122127_12143186.jpg


d0122127_12144538.jpg

長かった加工もおしまいで、これで音がでます。
ここからは実測を元にmid/lowのアクティブクロスの調整と、highのホーン補正の調整です。






by tetsu_mod | 2019-03-09 12:16 | オーディオ | Comments(2)

ATC SCM50P(36)

パーツが届きました。

d0122127_10515951.jpg


リッツ線コイル、どうなんでしょう。
楽しみです。

d0122127_10522561.jpg


コンデンサは、Mundorf M-CAP Evoと悩みましたが、
Clarity CAP CSAにしました。

d0122127_10541418.jpg

だって
メイドインブリテン
ですよ
(かっこよさだけで選んだとか言えない)

mid f0 dumping LCRのCは予算の都合でCross capにしました。


d0122127_10552858.jpg
どうせエンクロージャー内部に入るので見えなくなるのですが、
クロスオーバーボードを作っていきます。



by tetsu_mod | 2019-03-08 10:56 | オーディオ | Comments(0)

0.
この稿は『Sound Reproduction』Floyd Tooleと、『SPEAKER DIRECTIVITY / OFF AXIS RESPONSE: THEORY AND MEASUREMENT TECHNIQUES』Acoustic Frontiers、自作スピーカーマスターブックなど先行の書籍・webから多くの抜粋をしています。

実際に、オーディオ(もしくはホームシアターサウンドシステム)の音質を決めている最重要因子はスピーカーと部屋の2つです。さらにスピーカーに関してはリスナーが音色を判断する最も基本的かつ最大のポイントは軸上周波数特性であり、そこに議論の余地はないものとして稿を進めます。

6.
スピーカーの指向性、もしくは軸外周波数特性が広いほうがいいのか、狭いほうがいいのかは部屋環境・セッティング・趣向に大いに左右される部分です。

一般的なオーディオで用いられる点音源思想の設計のスピーカーでは、視聴距離が倍になるごとに6dBずつ音量が減少(-6dB/DD)しますので、直接音のレベル:残響音のレベルの比率は距離が離れるほど残響音が増加し明瞭度が低下します。
PAなどで用いられるスピーカーはこの問題に対応するために線音源思想(-3dB/DD)のものが近年増加していますし、オーディオ用でも一部メーカーにもラインアレイ型が見られます。

この問題に対しては、
・広い部屋ほど音源から離れても直接音の比率が大きい
・吸音の効いた部屋ほど音源から離れても直接音の比率が大きい
・指向性が狭いほど音源から離れても直接音の比率が大きい
ことが分かっています。

初期到達音と残響音は相互関係があり、初期到達音のエネルギーが高ければ残響感と空間を満たす音に浸ったような音の包まれた感じ(LEV)は減少して音の明瞭度は向上します。


7.
また、スピーカーの指向性、もしくは軸外周波数特性は空間表現にも大きく関わります(軸外周波数特性がスムーズであることは前提に)。
音場感(聴感上の広がり=ASW)に有効な物理的ファクターは
・聴取音圧レベル
・一次反射音の遅れ時間、到達角度
・IACC(両耳間相互相関度)
・残響時間
などが言われています。

d0122127_23165583.png
(図出典:Acoustics of small roomsより一部邦訳)

空間表現の知覚は、聴覚において1kHz〜8kHzの周波数に支配され、特に30-50msec以内の直接音+初期反射音は音像定位・音色・空間の広がりといった空間表現において重要であることが分かっています。

時間軸に沿って、この空間表現の知覚を分解していくと、
・直接音は定位(方向)と強い相関を持ちます。
主に頭囲のサイズによって変化しますが、約1500Hz以下では左右の耳への到達時間差から、約2500Hz以上では左右の耳への到達音圧差から音響定位を把握しています。左右の耳への到達時間差・音圧差が大きいほど両耳間相関度(IACC)が小さくなり、より外側の定位を知覚します。

・直接音から約1msec(第一波面の法則もしくは先行音効果)以内にレベルの大きな反射音が到達する場合、人間の知覚では直接音と分解できないため、直接音とは別方向に直接音と反射音による合成音像を知覚(ハース効果、スピーカー周囲に反射物があった際に定位がズレる現象や、バッフルデザインで定位が変化する現象)してしまいます。

・直接音から1msec以上、50msec以内の(30-80msec以内などの諸説あり)の初期反射音は直接音を補強することで音声の明瞭性を向上させるほかにも、定位や音色・空間の広がりにも関与します。


d0122127_23172991.png

ここでは分かりやすさのために、側方一次反射音だけ図示しています。横幅が広い場合には初期反射音のレベルと密度は小さくなり、到達角度はより広くなります。逆に横幅が狭い場合には初期反射音のレベルと密度は高くなり、到達角度もより狭くなります。実際にはこれは6面すべての反射面でおこるため、もっと複雑な様相を呈します。

この初期反射音のうち側方反射音の到達角度は空間印象(音源のみかけの広がり:ASW)に大きく関与し、到達角度が広いほど両耳間相関度(IACC)が小さくなり、ASWは大きくなる=広い空間印象を与えます。

特にこの初期反射音でも20msec以内の反射音は音色の変化を伴います。平滑な壁面が近い場合は特定のピッチが強調されます(”ギラギラした””鋭い”など)。スケールの小さいランダムな凹凸を設けることで解消されますが、おそらくほとんどのルームアコースティック用のオーディオアクセサリーはこの効果でしょう。

50msec以上の残響音では全体として方向性を持たない拡散音の反射音群となり、しだいに直接音とは別に空間の残響として、空間を満たす音に浸ったような音の包まれた感じ(LEV)として知覚されます。


d0122127_00073075.png

また、壁・床などの距離およびスピーカーセッティング・視聴位置・周波数によってはコムフィルタによる変化を伴いますが、ここでは割愛します。

Ged Lee 氏たちは同社のHPにおいて、良好な定位が望まれる場合、この周波数に置ける振動収束、バッフル回折、および壁反射から約10msec以内で比較的クリーンでなければならないと結論づけています。
そのため、small audio roomでは
・1kHz以上ではwaveguideによる指向性制御が有用であり、
・スピーカーはバッフルデザインによるディフラクションや、振動板のbreak upに留意する必要があると結論づけています。

この主張は、Linkwitz氏やRichard's Stuffの主張するセッティング理論よりは合理的に思えます。


d0122127_23190603.jpg

(http://rtaylor.sites.tru.ca/2013/05/08/loudspeaker-placement-in-small-rooms/)
5*4mの部屋を以ってしても、すべての壁面からの一次反射波が6msec遅れて到達するスピーカー・視聴位置セッティングはこの僅かなエリアしかありません。日本の環境ではすでにsmall roomとは言い難い部屋ですね。また、彼らの主張では無指向性(全指向性)スピーカーを出発点にしているので、現実的に多くのスピーカーでの指向性を持つ高域と、モードによる支配が強い低域(反射音の知覚に関して、低域では無視できる)ではそぐわない理論になる可能性があります。とはいえ、広大な部屋であれば、無指向性(全指向性)スピーカーでフラットなSound Power / DIが得られる利点が強くでる可能性があるものと思われます。


ところで日本の6畳で反射波が10msecも取れません。
6畳でのインパルスデータです。

d0122127_23194706.jpg

これをもとに5-50-500msecでのフーリエ変換にかけます。

d0122127_23195988.jpg
(5msec FFT)

5msecの時点で、主に床からの反射音によるコムフィルタ(320Hzのdip)が出現しています。

d0122127_23202560.jpg
(50msec FFT)

d0122127_23204903.jpg
(500msec FFT)
古いデータですので、詳細な検討は困難ですが、6畳間でのクリーンな初期反射音=空間表現はかなりの工夫が必要そうです。

しかし日本では床・天井は大きな部屋でもほぼ同じ位置関係なので、空間表現に対してできることは部屋広さや吸音率、ハース効果を引き起こさないスピーカー周囲のセッティング、初期反射(特に側方壁・リスナー背後壁)の処理、そしてリスナーの好みに合わせたスピーカーの中域以上の指向性制御が重要だと思われます。



7.
Waveguideを装着したスピーカーをDIYしていくなかで、指向性を狭めたにも関わらず音像・音場といった空間表現がよりよくなる体験を個人的に何回かしましたので今回少し勉強してみました。
直接音と残響音のレベル比、および空間表現の観点から、『部屋に合わせたスピーカー設計』とは、【部屋容積・視聴距離・セッティングに合わせた指向性と、部屋・セッティングによるルームゲインに合わせた低域再生限界】になるかと思います。不備や間違えている部分もあるかもしれませんが、いずれにしろ軸外特性は随分と奥深い効果を持っていたようです。
(この章終了)




by tetsu_mod | 2019-02-24 23:21 | オーディオ | Comments(2)

5,
スピーカーの軸外特性に着目するということは、直接音・初期到達音・残響音のバランスに着目していくことを意味しますから、初期到達音・残響音については室内の音響特性(音響工学)を識る必要があります。

が、これをまとめるのはいささか自分の手に余ります。
多くの音響工学の文献はコンサートホールをターゲットとしており、一部のオーディオルームもコンサートホールを意識した設計・工法を選んでいるものがありますが、コンサートホールとオーディオルームでは部屋容積の違いなどから挙動が異なり、一概にその知識を応用しがたいところです。


そこで調べたところ、オーディオルームではなくスタジオ設計についてですが、国内でもトップクラスの実績をもつ音響建築のSONA社からとても分かりやすく(平たく言うのなら、我々"初心者向け"に)まとめていただいている資料が公開されていました。


日本語でこれほど分かりやすく書いてくれている文章は他に何個も心当たりがありません。
必読です。

by tetsu_mod | 2019-02-23 21:27 | オーディオ | Comments(0)

0.
この稿は『Sound Reproduction』Floyd Tooleと、『SPEAKER DIRECTIVITY / OFF AXIS RESPONSE: THEORY AND MEASUREMENT TECHNIQUES』Acoustic Frontiers、自作スピーカーマスターブックなど先行の書籍・webから多くの抜粋をしています。

実際に、オーディオ(もしくはホームシアターサウンドシステム)の音質を決めている最重要因子はスピーカーと部屋の2つです。さらにスピーカーに関してはリスナーが音色を判断する最も基本的かつ最大のポイントは軸上周波数特性であり、そこに議論の余地はないものとして稿を進めます。

4.
指向性、もしくは軸外特性について、“よく制御されたスムーズな”特性を得るためには、ユニットの指向性をもとに複数の設計法が検討されます。
本稿ではその幾つかを紹介し、またユニット間位相差の原因の一つであるAcoustic offsetについても合わせて記述したいと思います。
関連した内容は2017年に2本書かせてもらっていますね。
測定はツィーター軸上1mであるべきなのか(https://naseba.exblog.jp/24272447/)
waveguideと指向性(https://naseba.exblog.jp/24945620/)

一つは、理想的にはka=1を超えない、もしくはka=2程度までの間でユニットをクロスオーバーさせることで、広指向性を目指す方法です。
d0122127_01273916.gif

例えばVivid audio Giya G3では1”, 2”, 4.9”, 5.5”*2のユニット配置とし、クロスオーバー周波数を3.5kHz. 880Hz, 220Hzとしています。3.5kHzは2”ユニットではka=2に相当することから、クロス周波数でも広い指向性をたもった特性がみられます。

d0122127_19512795.jpg

d0122127_19514336.jpg

(図出典:stereophile.com)

また、Vivid audio Giya G3ではAcoustic offset補正もスラントしたバッフルを採用することで対応しています。

d0122127_19524245.jpg

一方で、同じVivid audio Kayaはwaveguideを用いることによって、指向性をやや狭くコントロールし、さらにAcoustic offset補正も同時に行っています。

d0122127_19532427.jpg

d0122127_19543955.png

同一メーカー・同一開発者でこれだけ狙いがはっきりしている2機種は面白く、この違いについて開発者のローレンス・ディッキーは「広い音場を持つGIYAに対して、Kayaは“集中的な音場”を形成するスピーカーといえます。だからこそ、聴く音楽によってはKayaシリーズは理想的な再生を行えると言えます。具体的には、まずスピーカーから放射される音を壁の反射から遠ざけることができるということ。もうひとつは、スピーカーの前方、つまりリスニングポジションにおいてより音の世界に引き込まれやすくなるということです(phileweb.com)」と述べています。


d0122127_19551350.png
(http://www.hifidiy.net/index.php?s=/Home/Article/detail/id/17669.html)


重要なことは、マルチウェイスピーカーの設計において最も基本的かつ最大のポイントである軸上周波数特性に加えて、スムーズな指向性、もしくは軸外周波数応答を得るためには、ユニット間の指向性だけでなくAcoustic offsetを揃えることで軸外においてもユニット間の位相差の整合を両立する必要性があります。


ユニット間の位相差解消目的にAcoustic offsetを揃えるバッフルデザインとしては下記の3つが考えられます。

d0122127_19562515.png
このようなAcoustic offsetの調整においては、OmniMicではwavelet測定にて可視化しており、直感的に把握しやすくなっています。
d0122127_19595334.jpg
(図出典:ケンのオーディオメモ)


Reverse nullではクロス周波数での位相差情報ですが、waveletでは全周波数でのピークの分散から全体像がより把握しやすいものと思われます。

一方で、Acoustic offsetにたいしてディレイによる補正もよく行われます。

d0122127_19570952.png

確かにAcousitc Axis上の任意の1点においては位相差整合が取れます。

d0122127_19574719.png

しかしユニット間のAcoustic offsetは視聴角度・視聴距離に依存的に変化するため、任意の1点で合わせた位相差整合も、軸外においてもユニット間の位相差を揃えることを意味するわけではありません。

可能な限り物理的にAcoustic offset合わせることが望ましく、また鉛直方向も考慮するとやはり理想的には同軸スピーカーが望ましいことになります(しかし同軸スピーカーはまた特有の問題があるのでここでは割愛)。

(続く?)



by tetsu_mod | 2019-02-16 20:01 | オーディオ | Comments(0)

0.
この稿は『Sound Reproduction』Floyd Tooleと、『SPEAKER DIRECTIVITY / OFF AXIS RESPONSE: THEORY AND MEASUREMENT TECHNIQUES』Acoustic Frontiers、自作スピーカーマスターブックなど先行の書籍・webから多くの抜粋をしています。

実際に、オーディオ(もしくはホームシアターサウンドシステム)の音質を決めている最重要因子はスピーカーと部屋の2つです。さらにスピーカーに関してはリスナーが音色を判断する最も基本的かつ最大のポイントは軸上周波数特性であり、そこに議論の余地はないものとして稿を進めます。

3.
指向性、もしくは軸外特性について、“よく制御されたスムーズな”特性を得るためにはその評価が必要です。実際には、音圧・指向性・周波数情報といった3要素を2D画面上で理解するためには何らかの工夫が必要になるため、その評価には複数の方法があります。

Anechoic vs windowed FFT measurements(無響室・擬似無響室FFT解析)
前提として任意の一点におけるスピーカーの周波数特性を評価する必要があります。スピーカーの周波数特性を完璧に評価する唯一の正確な方法は、広い無響室で正弦波を非常にゆっくりスイープさせることです。これらのコストとサイズは、一部のスピーカーメーカーを除いてほとんどの”普通の”人間は測定できないことを意味しています。
そこで、ほとんどの場合においては擬似無響室測定法を用いることになります。空間内のある点でのスピーカーの周波数応答を測定するために、マイクを適切な距離(マイクが測定する最低周波数の波長の数倍以上、バッフルの長辺の長さ以上など)に配置します。次に、インパルス応答を測定しコンピュータソフトウェアを使用して部屋の反射を排除した時間軸領域をフーリエ変換することで擬似的に無響室測定を行います。
d0122127_01244476.png


この擬似無響音質測定を複数ポイントでとっていくことでスピーカーからの3Dな音圧放射特性を得ることができます。


d0122127_01252256.jpg

(図出典:自作スピーカーと測定  * 冬うさぎの晴耕雨読な日々 *より)
このデータから得られた情報としての指向性、もしくは軸外特性の評価の仕方は複数ありますが、以下に紹介するどの方法もいずれも実際には等価のものを表示しているにすぎませんので、どの評価法がもっとも”良い”かはケースバイケースと言わざるを得ません。


3-1. Polar Plots
d0122127_01262516.png

0〜±90度もしくは0〜±180度の角度での、特定の周波数における音圧レベル(dB)を示しています。
例えばマイクの指向性や、ユニット直径に基づく指向性(ビーム)は、Polar Plotsで示されることがよくあります。


d0122127_01273916.gif

図では、無次元数kaは円周を波長で割ったもの(周波数・ユニット直径係数)です。
例えば、15インチのピストンは約4フィートの円周を持っているので、 kaは約250Hzです。 ka=1を超えると、軸外特性は変化し始めます。比較的滑らかな軸外特性は、ka=2(15インチユニットでは500Hz)ではまだ維持されていますが、ka=5(15インチユニットでは1250Hz)より高い周波数では、顕著な指向性(ビーム)が発生します。この現象はユニット直径に依存するため、15インチのシングルドライバースピーカー(kaは約250Hz)は狭い指向性のスピーカーになりますが、2インチのシングルドライバースピーカー(kaは約1875Hz)は比較的広い指向性になります。つまりマルチウェイの構築において設計したクロス周波数が、ウーファーka=5 / ツィーターka<1などであればそのクロス周波数での軸外特性が大きく乱れることが予想されます。

本図は2次元表示なことから単一周波数ごとの音圧・指向性情報のみとなるため、スピーカーの指向性を検討する目的で使用するのは少し面倒です。連続的に評価するか、もしくは一部のソフトウェアでは円柱状に3D再合成することで音圧・指向性・周波数情報を複合的に把握することになります。

d0122127_01282499.jpg

(図出典:ケンのオーディオメモよりOmniMicによる測定例)



3-2. Polar maps – the Geddes approach

Waveguideや指向性の研究で著名なGedLee LLCEarl Geddesが提唱するのがポーラーマップです。ポーラマップは、縦軸は軸外角度を示し、0°が軸上、横軸が周波数であり、さらに振幅(音圧)を色温度データに変換することで2D上に3要素を投射します。


d0122127_01324278.png
(ARTA)

d0122127_01330520.png
(Vituix CAD)

時にこれらのチャートは軸上の周波数応答に正規化されます(つまり、軸上の周波数応答が個々の軸外の応答から差し引かれます)。


d0122127_01335849.png

(同じデータを軸上正規化した場合)
この図では0°(軸上周波数)が完全にフラットであるとみなした場合の軸外特性の差分が可視化されます。が、もっとも重要な軸上周波数特性が欠落してしまうため、正規化するのよりも後述するDirectivity Index (DI)のほうが個人的には好みです。

また、ポーラーマップでは1つ平面(多くは水平または垂直のいずれか)を一度に表示するため、一部メーカーでは水平・垂直の二つのポーラーマップを表示しています。
d0122127_01343774.gif
d0122127_01344698.gif

(図出典:Neumann KH310の水平・垂直ポーラーマップデータ)


3-3. Off axis plots – the SoundStage approach
d0122127_01363834.png
角度ごとに1つのプロットを持つ周波数応答チャートを使用する評価法です。
カラーごとに軸外特性(ここでは15°刻み)が割り当てられています。


d0122127_01375097.png

SpeakerWorkshopでも作図できますが、”ちょっと”大変です。

個人的には軸外において、ユニット間位相差整合の目安であるreverse nullが観察できるかに用いることにメリットを感じています。
d0122127_01384152.png


3-4. Polar response – the Stereophile approach
Stereophile.comではスピーカーのレビューとともに測定データを多く表示していますが、そのなかでポーラーレスポンスグラフを用います。これらは、1/10オクターブスムージングウィンドウFFTアプローチを使用して、-90〜+ 90度の水平軸外測定と-15〜+15度の垂直軸外測定を実行します。
d0122127_01392626.png
Stereophile.comでは実際にはグラフは軸上の周波数応答に正規化されています。

d0122127_01400218.png
d0122127_01411528.jpg
(図出典:sterophile.com, Wilson Audio Specialties Alexia Series 2)

3-5. Listening window, early reflections, sound power – the Harman approach
Harman社(Floyd Toole氏)が発明・提唱する評価アプローチで、スピーカーの軸上、初期反射、後期反射の影響を説明するための複数のプロットを含んでいます。スピーカーの周囲を水平および垂直の360度を10度刻みで測定します。

d0122127_01424474.jpg
(図出典:Harman)

このグラフのデータは、1/20オクターブで平滑化されており、周波数分解能は2Hzです。
このグラフでは、以下の測定値が示されています。
・リスニングウィンドウ:軸上の平均、垂直方向+/- 10度、水平方向+/- 10、20、30のスピーカー周波数特性
 最初の反射または初期の反射:床、天井、前壁、側壁、および後壁のスピーカー周波数応答の平均。
 例えば側壁の影響は、水平方向の±40、50、60、70および80度の平均と考えられます。
・音響パワー(Sound Power):スピーカーから全方向に放射された全音響放射の合計。
 音響パワーは、室内での遅い反射音に対し関連するスピーカーの特性となります。
・指向性指数(Directivity Index , DI)=リスニングウィンドウ(直接音)と、初期反射・音響パワーとの差。

厳密なDIでは垂直・水平を含めた全音響放射と軸上との差を求めることから、1つ平面(多くは水平または垂直のいずれか)を表示するポーラーマップよりも全体像を直感的に把握しやすい側面もみられます。また、スピーカービルドのさい、クロス周波数付近での軸外特性が滑らかであることが重要になりますが、VituixCADではSoundPower/DIを表示してくれます。

d0122127_01442807.png

d0122127_01444252.png

滑らかなDI(waveguide 3way)と乱れているDI(段付きバッフル2way)
軸上周波数はどちらも±2.5dBに収まっていますが、軸外特性に大きな違いが見られます。
2wayではウーファーとツィーターの指向性がクロス周波数付近で合っていないことがDIに顕著に表れています。


d0122127_01455901.jpg
(図出典:Harman)
またごく一部メーカーでも軸上特性・軸外特性とも大きく乱れているものも存在します。
こういった製品では“個性的な”サウンドがすることが予想されます。

フラットな軸上周波数特性と滑らかなDIはスムーズなサウンドが期待されるものですが、他にも多くの情報が含まれます。

d0122127_23561721.png
DIの傾きが大きいほど指向性が狭く(狭指向性)なことが分かります。


d0122127_23564710.png
指向性が広くなると(広指向性)、DIの傾きが小さくなります。

d0122127_23574313.png
無指向性(全指向性)スピーカーでは理想的にはDI/SoundPowerは水平になります。

d0122127_23581013.png
単指向性スピーカーでもDI/SoundPowerは水平になりますが、DIは高い値になります。

実際にのスピーカーにおいては、そのスピーカーごとに特徴を持ったDIを示します。

d0122127_01463414.jpg
(図出典:Harman)
例として、軸上・軸外ともによく制御されながら、それぞれの個性があるスピーカーの2つです。
(a)ドーム・コーン型ユニットのフロアスタンドスピーカー
(b)中高域用のコンプレッションドライバーとホーン、コーンウーファーを組み合わせたスピーカー
(a)は(b)よりも広い分散(より低いDI(=指向性指数))を有し、コーン/ドームとコーン/ホーン設計との間の特徴的な差があります。


DIは軸上・軸外特性の差から指向性指数を計算していますので、軸上の周波数応答に正規化しても変わらない指数です。逆に言えば、EQを用いて軸上周波数特性をフラットにしてもDIは変わりません。

d0122127_01492801.png

d0122127_01494788.png

2枚目のグラフではhigh boost / low cutが入って軸上周波数特性を整えていますが、DIは変わりません。クロス周波数の設計ではなく、ツィーター高域までのDIを滑らかにしたければ、軸外特性が優れたユニットを用いる必要があり、EQ補正の限界となっています。
(使用したユニットの名誉のために付け加えるならば、この結果は僕の設計したwaveguideプロファイルの限界です。)

先に述べたように、・Polar Plots ・Polar maps ・Off axis plots ・Listening window, early reflections, sound powerのいずれも等価なものを表示しているに過ぎず、切り替えながら多面的にスピーカーの挙動を把握することが重要かと思います。これらの選択性において、VituixCADはSpeakerWorkshopよりもアドバンテージがありそうです。
(続く?)


by tetsu_mod | 2019-02-16 01:35 | オーディオ | Comments(0)

0.
この稿は
『Sound Reproduction』Floyd Tooleと、『SPEAKER DIRECTIVITY / OFF AXIS RESPONSE: THEORY AND MEASUREMENT TECHNIQUES』Acoustic Frontiers、自作スピーカーマスターブックなど先行の書籍・webから多くの抜粋をしています。

実際に、オーディオ(もしくはホームシアターサウンドシステム)の音質を決めている最重要因子はスピーカーと部屋の2つです。さらにスピーカーに関してはリスナーが音色を判断する最も基本的かつ最大のポイントは軸上周波数特性であり、そこに議論の余地はないものとして稿を進めます。

1.
本稿はもう一歩踏み込んだスピーカーの重要な特性としての指向性(もしくは軸外周波数応答特性)についてです。あるポイント(多くはdesign axis上の任意の1点)でとった無響室周波数特性(もしくは擬似無響室周波数特性)は上記のように重要ですが、スピーカーは多くの場合は球状に音を放射しており(いくつかに場合は線音源もしくは面音源として違う挙動を示す)、直接音(direct sound)、初期反射音(early-reflected sound、多くの場合は一次反射音)、残響音(reverberant sound)としてリスナーに到達します。


d0122127_00135992.png
(図出典:『Sound Reproduction』Floyd Toole)

直接音(direct sound)は(スピーカーのdesign axisなどを無視した平行セッティングなどを除けば)、音響軸±15度(listening window)の平均値として、上述の通り最も基本的かつ最大のポイントです。

d0122127_00142188.png
(図出典:『Sound Reproduction』Floyd Toole)

初期反射音(early-reflected sound)がどの程度知覚できるか・できないかは諸説ありますが、一般的に中枢神経を含めた人間の聴覚では、スピーカーから直接放射された音の到達より100分の1秒以内(10ミリ秒:msec)に到達する音を区別することは出来ませんので、一桁msec内の音響特性、すなわちスピーカーのみでの音響特性(無響室特性)に加えてスピーカー近傍の壁・床などの一次反射音および直近の壁・床による反射音による打ち消し(キャンセレーション)はすべて一塊の初期到達音(直接音(direct sound)+初期反射音(early-reflected sound))として知覚されます。どれほどの時間内での到達音を知覚できるかは諸説ありますが、もっとも人間の聴覚が鋭敏な1000Hz付近で概ね5〜10msecの間となっているようです。これらのことから、先行の書籍類では初期反射音(early-reflected sound)を20-30msec以内と定義しているものが多いようです。

d0122127_00143531.png
(図出典:『Sound Reproduction』Floyd Toole)

残響音(reverberant sound)には、対抗する平面によるフラッタエコーや定在波と言った、スピーカーから直接放射された音の到達より25分の1秒(40ms)以上遅延して到達する音、長時間の残響はこだまとして聞こえる音も含まれます。

これらの初期反射音(early-reflected sound)や残響音(reverberant sound)は、聴覚上は再生環境の物理的な空間認識などに関与すると言われています。初期反射音(early-reflected sound)は音場感(広がり)などに強い相関性を持ち、残響音(reverberant sound)は包まれ感などに強い相関性を持つことが報告されています。

このような初期反射音(early-reflected sound)や残響音(reverberant sound)の制御は、スピーカーの指向性(もしくは軸外周波数応答)と部屋の相互作用のバランスによってなされますが、高域になるほどに(特に部屋の遷移周波数以上では)スピーカーの指向性が部屋の音響特性よりも支配的になっていくため、(反射点に一般的に吸収体を取り付けるというカットアンドトライのアプローチ以前に)これらを考慮してスピーカーを設計する必要があります。


2.
指向性(軸外周波数応答)とは、スピーカーの周波数応答が軸外の角度で変化する方法を表すのに使用される用語です。 広指向性スピーカーは軸上・軸外での音圧差が維持される傾向のものを、狭指向性スピーカーは、軸上・軸外での音圧差が大幅に異なる傾向のものを、無指向性(全指向性)スピーカーは軸上・軸外での音圧差が(理想的には)ないものを示します。


d0122127_00145487.png
(狭指向性スピーカーの軸上・軸外周波数特性のイメージ図)


d0122127_00151350.png
(広指向性スピーカーの軸上・軸外周波数特性のイメージ図)


d0122127_00152519.png
(無指向性(全指向性)スピーカーの軸上・軸外周波数特性のイメージ図)


完璧な点音源スピーカー(極小の1点から全帯域の音が放射される)では、音源が波長に対して小さいままであるため、放射は無指向性(全方向性)であり、軸外での周波数応答に変化はないはずです(=理想音源、一般論化のために、ここではダイポール特性やクアドラポール特性は除く)。実際には、無限大バッフル上にマウントされた状態でファーフィールドリニングの環境において波長が音源(ここではスピーカーユニット直径)に比べて小さくなり始める(高域になってくる)と、放射は「ビーム」し始め、軸外周波数応答は乱れ(もしくは指向性が狭くなり)ます。これは、振動板のさまざまな部分(たとえば、エッジ側とドーム頂点側)からの音が互いに位相がずれてファーフィールドに到着することで、視聴位置では位相差により音圧が相殺されるためです。

この現象は周波数とスピーカーユニット直径によって規定されてしまうため、例え20kHzまで軸上では伸びているフルレンジユニットであっても、10cmなら10cmなりの、20cmなら20cmなりの高域での「ビーム」(指向特性の低下)からは逃れられないことになります。ツィーターユニットでは現在1inchドーム型が主流になっている背景は、軸上の高域が延ばしやすいだけでなく軸外への放射が(古典的な1.5inchドーム型や2inchコーン型などと比較して)広く取れることも理由であり、今後は3/4inchなども拡充していくかもしれません。
d0122127_00154466.png
(図出典:自作スピーカーエンクロージャー設計法 マスターブック)


ちなみにこの現象はバイオリンなどの楽器でもよく知られており、なにもスピーカーに限った現象ではありません。

結論として、多くの場合にスピーカーに求められるのは、広い帯域において(軸上フラットであることを前提として)、”よく制御されたスムーズな”軸外特性を有することであり、結果として(部屋の音響特性との相互作用のうえですが)”よく制御されたスムーズな” 初期反射音(early-reflected sound)や残響音(reverberant sound)を得ることによって聴感上のメリットとして音場感や定位といったより良いステレオイメージを獲得することです。
狭指向性・広指向性・無指向性(全指向性)スピーカーのいずれが望ましいのかは視聴距離・部屋サイズ・部屋吸音率、そしてなによりもリスナーの好みに大きく左右されるものですが、いずれに場合においても”よく制御されたスムーズな”軸外特性が望ましい性能です。(続く?)


by tetsu_mod | 2019-02-04 00:16 | オーディオ | Comments(0)

ATC SCM50P(36)

今回はtw/midはパッシブクロスさせますが、twのホーン補正とmidのlow-cut(high-pass)はIPD1200のデジタルフィルタを使うつもりです。なので、全体でみるとパッシブ・アクティブのハイブリッドになります。

VituixCADにはアクティブフィルターも設定できる機能があるので触ってみました。

d0122127_12234739.png

d0122127_12235938.png

d0122127_12240957.png

この通りになるならまぁまぁの性能かと思います。
これ以上はバッフルデザイン・waveguideデザインの問題ですね....
つまるところのスピーカーとしての性能の限界がバッフル(waveguide)のプロポーションの問題に集約されるのは面白いことです。高性能なプロポーションと所有欲を満たすデザインの両立が難しいところですし、メーカーのすごいところですね。


ところでアクティブフィルターでいくら軸上特性(今回であればホーン補正)をかけたところで、Directivity Index(=DI)は改善しません
DIについては別稿で説明したいと思います。




by tetsu_mod | 2019-02-03 12:27 | オーディオ | Comments(0)

ATC SCM50P(35) コイル選定

d0122127_18204659.png
tweeter側は3rd+T-notchでアッテネートなし、
mid側は2nd+LCRでこちらもアッテネートなしです。

2way speakerの時にはDCRを優先してコアコイルもしくは出来るだけ線径の太い単線空芯コイルを使ってきましたが、YRさんのブログ記事をみて俄然リッツ線コイルに興味が湧きました。

大まかに乱暴な結論は「リッツ線コイルの方が理想的素子に近いのではないか」です。
この実測結果のメカニズムは浅学にして知りませんが、箔コイルとの違いは表皮効果ではなく相互インダクタンスの影響かとも思っています。
でもハイエンドメーカーでは箔コイルが人気ですね…。


現在入手できるリッツ線コイルはJantzenSolenにしか見当たりませんでした(かつてはTANGOにあったようです)。
Solenは8AWG(!!)もあって、woofer・sub-woofer用にDCRが低いコアコイルとも比較対象たりうるかと…。

国内業者が取り寄せを快く引き受けてくれたこともあり、今回はJantzen 15AWG Air Coil LITZ Wireにしました。
mid low-pass 2nd filterのL1=0.65mHでDCR=0.27Ωですし、個人的な目安の0.3Ωを下回っています。

tweeter high-pass 3rd filterのL2も同じくJantzen 15AWG Air Coil LITZ Wireにしました。
tweeter f0 dumpingはT-notchにしましたが、その効き具合はL2のDCRに大きく依存します。
L2=0.125mHでDCR=0.10Ωで、しっかりdumping効果が得られそうです。

また、midはActive filterでhigh-passをかけるつもりですが。ユニット保護の観点とこれまでの自験例から、LCR f0 dumpingを入れることにしました。ここはコストも鑑みて20AWG単線空芯コイルにしました。

by tetsu_mod | 2019-01-20 23:22 | オーディオ | Comments(0)