人気ブログランキング |

オーディオにおける最大の嘘(5)

ここまで、原文の『オーディオにおける最大の嘘(The Biggest Lie in Audio)』について訳してきましたが、これはあくまでオーディオライター同士(職業ライター、それもなかなかに意見が対立しがちな出版誌陣営)でのやり取りです。

個人のユーザーが趣味で楽しむのに理論や測定が必要かは疑問です。
一番大事なことは、楽しむことではないかと思います。


ただ、長年かけて多くのscientistが築き上げてきた叡知を、個人の感性や何かで蔑ろにするというのならば、それは冒涜というものではないでしょうか。

かつてAppleの創始者のスティーブジョブズの伝記の中に、次のような記載がありました。

僕は子どものころ、自分は文系だと思っていたのに、エレクトロニクスが好きになってしまった。その後、『文系と理系の交差点に立てる人にこそ大きな価値がある』と、僕のヒーローのひとり、ポラロイド社のエドウィン・ランドが語った話を読んで、そういう人間になろうと思ったんだ

オーディオにおける最大の嘘(5)_d0122127_11513979.jpg

オーディオ趣味でいうならば、『感性と理論の交差点』になるのでしょうか。

現状でのオーディオ(特にスピーカーや部屋)の測定理論において、人間の感動を1つの測定基軸で評価できるものはまだありません。多くの測定値から、それぞれの解釈を深く行いバランスをとり、複合的な情報から読み取っていく必要があり、そして一般的に、測定値から実際の音のイメージを得ることはとても難しいことです。

『感性と理論の交差点』に立って、バランスをとるにはどちらにも深い造詣を求められるのでしょう。それはどちらも大変なことですし、例えば”波形再現性”といった視覚的に訴求力の強い項目は人を強く惹きつけます。

しかし、例えば波形再現性をステップ応答でみる場合

オーディオにおける最大の嘘(5)_d0122127_12202027.jpg
原波形;ステップ応答(stereophil.com)

オーディオにおける最大の嘘(5)_d0122127_12223861.jpg
オーディオにおける最大の嘘(5)_d0122127_12224870.jpg

Dynaudio  200XD(stereophil.com)


オーディオにおける最大の嘘(5)_d0122127_12233075.jpg
オーディオにおける最大の嘘(5)_d0122127_12234872.jpg

Vimberg Mino(stereophil.com)

このような波形を比べたときに、前者の200XDのほうがよりよい波形再現性に見られます。Minoは-12dB/octクロスオーバーのため、midユニットが逆相になっているためステップ応答で逆向きのmidの波形を持ちます。では200XDのほうがよりよい音質なのか.... 私にはわかりません、どちらのスピーカーも寡聞にして聴いたことがありません。

つまり、私にはこの問題に関して(波形再現性は視覚情報的にはキャッチーではあるものの)、「感性と理論の交差点」に立つには感性としての経験値が足りず、またスピーカーの波形再現性といった単一基軸での評価は不適当ではないかと推察するものの、このような場合はどちらかの観点からのみの意見は、バランスを欠いた稚拙なものでしかないのです。

オーディオにおける最大の嘘(5)_d0122127_12302254.jpg

願わくば自分自身も、そしてこの趣味も、感性と理論どちらも深い造詣を有し、高度なバランスのうえで、より楽しい・よりよい趣味となっていければいいと思います。
(終)

# by tetsu_mod | 2020-08-02 12:38 | オーディオ

オーディオにおける最大の嘘(4)

https://www.soundstagesolo.com/index.php/features/246-the-biggest-lie-in-audio

もちろん、明らかに欠陥のあるオーディオ製品であっても、誰かにとっては良い音に聞こえるかもしれません。その例としては、全く同じTannoyのレビューをご覧ください。Atkinson氏の測定結果によると、「......ツイーターの音量が3dBから5dBほど高すぎる」とのことで、それにより「MLSSA疑似ランダムノイズ信号で測定中に聴感でわかるほど、プレゼンス領域のエネルギーが過剰になってしまっている。」

これがどのように聞こえるか大まかなイメージをつかむには、オーディオシステムの高音域ノブを4dB上げてみてください。繊細な音とは程遠く、心地良い音なんてものではありません。この測定値を見て、工場が間違ったツイーター抵抗を使用したのではないかと思わずにはいられません。NRCやHarmanが実施した評価のように、複数のリスナーを使ったブラインドテストでは、このスピーカーはほぼ確実に悪いスコアを出すでしょう。

しかし、主観的なレビューには、この欠陥についての言及は見当たりません。実際、レビュアーはこのスピーカーの音を "ややソフト "と表現し、"非常にお勧めします "という言葉で締めくくっています。このレビューに基づいて、少なくとも、このレビュアーが好むスピーカーを確実に予測できる測定技術が見つかったとしても、ほとんどのリスナーは同じスピーカーを好まないと思われます。

幸いなことに、測定値をみた人たちは本当の所を知るでしょう。測定値が「ほとんど役に立たない」と言われたからといって測定値を無視した人は、明らかにトーンバランスが崩れたスピーカーを買うことになるかもしれません。

誤解しないでください - 私が時折、『地獄の狂獣 キッス・ライヴ』(ALIVE!)を楽しんでいても誰も気にしないように- 誰かが巨大で明白な欠陥のあるオーディオ製品を絶賛しても私は気にしません。そのようなレビューをたくさん読んできましたが、コメントしようと思ったことはほとんどありませんでした。しかし、レビュアーの思い込みに合わないからといって、世界で最も才能のあるオーディオサイエンティストたちの何十年もの研究を却下するのは、ジーン・シモンズが史上最高のベーシストだと主張するのと同じくらい軽薄で愚かしいことです。

私は、オーディオライターが自分の職に興味を持ち、できる限りのことを学んで欲しいと願っていますが、彼らのかなりの割合は彼らの思い込みを疑わせるかもしれない新しい情報を遮断してしまっています。科学を拒絶することで、彼らは読者とその業界をナンセンスにも騙しているのです - そして、多くの場合、最初っから良い製品を購入できるようにオーディオに関する重要な事実を学ばせることなく、ぼったくり製品を購入させ、手放させ、またぼったくり製品を購入させるという無限ループに読者を叩き込んでいるのです。

オーディオにおける最大の嘘(4)_d0122127_23054384.jpg

ヘッドフォンコミュニティは反科学的な態度に悩まされていないので、私は励まされています。それどころか、ヘッドフォン愛好家は、測定装置を組み立て、研究を読み、ヘッドフォンとアンプがどのように機能し、どのように相互作用するかを理解しようと努力しています。それでも、科学はあくまでガイドラインの提供だけです。最終的には自分の耳で聞き、自分の耳を信頼して最後の判断を下す必要があることを理解しています。最も重要なことは、彼らは彼らの音楽のより良い再生し、より楽しむことができるようになっている、ということです。これがオーディオの未来であると思いますし、そう期待しています。

...ブレント・バターワース

# by tetsu_mod | 2020-07-26 00:05 | オーディオ

オーディオにおける最大の嘘(3)

https://www.soundstagesolo.com/index.php/features/246-the-biggest-lie-in-audio

この感情が最も顕著に表れている例の一つが今月、Stereophile誌2020年7月号に掲載されたハーブ・ライヒャート氏によるTannoy Revolution XT 6スピーカーのレビューで紹介されています。

レビューの最初の文章は、「私はスピーカーを測定する新しい方法について上司たち(Stereophileの前任編集長のJohn Atkinson氏らでしょうか)と向き合い、リスナーの体験をより直接的に反映する新しい測定法を訴えてきました。」と書かれています。別の記事(CanJam NYC 2020: Audio Precision Measurements)では、このライターはよりはっきりと自分の意見を述べています。

"評価のためのツールとして、あるいはユーザー満足度の予測因子として、現在の測定手法はほとんど役に立たない"
このレビューこそが、(逆説的に)オーディオ製品の評価に測定が不可欠である理由を明確に示しているのです。

すなわち、著者ハーブ・ライヒャート氏の発言はどちらも、このテーマに対する無知を反映しています。スピーカーの場合、ユーザーの満足度を86%の相関関係で予測することが示されている測定方法が、30年以上前に確立されています。それらは、オタワにあるカナダの国立研究評議会(NRC)で行われたフロイド・トゥール博士(Dr. Floyd Toole, JBLの開発責任者だった音響学の大御所の1人。Sound Reproductionはこの分野のマスターピースと言える名著として有名。)が率いる大規模な研究によって主に開発され、ハーマン・インターナショナルでも継続されました。現在、数え切れないほどのスピーカー会社がこれらの方法を設計のガイドラインとして使用しています。それは、これらの原則に沿ってしっかりと測定したスピーカーが、ほとんどのリスナーに良い音で聞こえることが分かっているからです。

この研究モデルが14%の確率で失敗していることを指摘する人もいるでしょうが、例えば高い歪率をもつなど、他の簡単な測定項目の問題がない限りは、この14%が良い測定結果を持ちながらも万人受けしなかったからといって、悪い音がするということは考えにくいことです。また言うまでもなく、86%の成功率を「ほとんど役に立たない」と言い放つのはばかげたことです。

最近では、科学的な研究により、ユーザーの満足度をほぼ正確に予測できるヘッドフォンやイヤフォンの測定結果が出てきています。例えば、AES論文9878「A Statistical Model that Predicts Listeners' Preference Ratings of In-Ear Headphones. パート2 -- モデルの開発と検証 "では、ショーン・オリーブ博士、トッド・ウェルティ、オミド・コンサリプールのHarman Internationalの研究チームが、71人のリスナーを使用した30個のイヤホンの評価において、測定値とリスナーの好みの間に91%の相関関係があることを報告しています。

オーディオにおける最大の嘘(3)_d0122127_00220821.png

どのアンプやDAC、その他のオーディオ機材を好むかを測定値から予測するのは困難であることには同意します。しかし、それは測定に欠陥があるからではありません。それは、どのオーディオ機材が好ましいかということについて、リスナーが共通見解に達することはまずほとんどないからです。例えば、ブラインドテストで特定のモデル、ブランド、アンプの種類などに明確な違いや好みが示されることはめったにありません。これらの製品のレビューでは、レビュアーの好みの傾向は示されず、むしろあらゆる種類のアンプやDACを絶賛する傾向があります。統計学的には、コントロールされたリスニング・テストの参加者の統計的に有意な数が特定のオーディオ機材のみを好み・他の機材を軽視しなければ、測定値や主観的なレビューがリスナーの好みを予測しうる相関性が出ることはないのです。

「測定値が悪くても良い音がする製品もある」という意見はどうでしょうか?この意見に対する確固たる主張は、Stereophileの技術編集者(元編集長)であるJohn Atkinson氏が1997年のAESのプレゼンテーションの要約の中で次のように述べています。「......軸上周波数応答の平坦度があるレベル以上に逸脱してしまうと........例えば、170Hzから17kHzの間の周波数加重標準偏差が約3.5dBになってしまうと........そのスピーカーが良い音を出すことも、推奨されることもないでしょう」。そして彼はここで、Stereophileのライターが推奨するスピーカーについて話している。研究によると、測定値の良くないスピーカーは、ブラインドテストでは複数のリスナーからおそらくさらに厳しい意見を突きつけられるだろう、ということです。


オーディオにおける最大の嘘(3)_d0122127_15504414.png

# by tetsu_mod | 2020-07-25 17:31 | オーディオ

オーディオにおける最大の嘘(2)

https://www.soundstagesolo.com/index.php/features/246-the-biggest-lie-in-audio
ブレント・バターワース 2020年7月1日

オーディオフォーラムやオーディオサイトのコメント欄には、"測定はよくても悪い音の製品もあれば、測定はよくなくても音の良い製品もある"という言葉を見かけることがあります。
誰が言ったかにもよりますが、これは良く言ってもどうしようもない嘘です。しかもそれは、時に消費者からぼったくるための嘘なのです。
そのような文章の前半は、科学論文や文書化された具体例がないことからも不正確なことがわかるでしょう。文章の後半に「……私にとっては」という言葉が付け加えられてでもすればまだいいですが、私が記憶する限りでは、いつも普遍的なものとして記述されており - そして、それは、嘘なのです。
この"測定はよくても悪い音の製品もあれば、測定はよくなくても音の良い製品もある"という決まり文句は、私の知る限り、博識でもなんでもなく、音響学を調べたこともなく、測定経験もない人たちによる科学への拒否反応なのです。

オーディオにおける最大の嘘(2)_d0122127_23495503.jpeg

# by tetsu_mod | 2020-07-24 00:22 | オーディオ

オーディオにおける最大の嘘(1)

https://www.soundstagesolo.com/index.php/features/246-the-biggest-lie-in-audio

この稿は、ヘッドフォン・イヤフォン系サイトであるSoundStageSoloに、同サイト編集長であるブレント・バターワース氏から2020年7月1日に寄せられた文章ですが、非常に痛切な示唆に富む文章だったので紹介します。

これはstereophileの執筆陣の1人でもあるハーブ・ライヒャート氏へのカウンターとも呼べる寄稿であり、具体的にはCanJam NYC 2020: Audio Precision Measurements(https://www.innerfidelity.com/content/canjam-nyc-2020-audio-precision-measurements 2020年2月19日)およびTannoy Revolution XT 6 loudspeaker(https://www.stereophile.com/content/tannoy-revolution-xt-6-loudspeaker 2020年6月25日)の2つへのカウンターです。

なので、CanJam NYC 2020: Audio Precision Measurementsについて先んじて要点のみ紹介したいと思います。

-----------------------------
「測定はすべてのオーディオ機器の設計と製造に不可欠な要素です。しかし!あるいはユーザーの満足度の評価および予測するためのツールとして、今日の測定方法はほとんど役に立っていません。

なぜなら、今日のオーディオ機器は、音楽を演奏することとはほとんど関係のないことを測定されているからです。

だからこそ、(中略)、マルチトーンや実際の音楽(ダイナミックなドラムトラックやピアノの和音など)を含む最新のテストを提唱しています。(中略)

私がこのテストを気に入っているのは、数字が表示されるのではなく、テストマイクが拾ったものと重ね合わせて、ドラムトラックのテスト信号のイメージを得ることができるからです。元の入力からのすべての変化は明らかで、理解しやすいものでした(以下略)。

オーディオにおける最大の嘘(1)_d0122127_00163673.jpg

-----------------------------

なんとも... 暴論です。

日本でも、uniwaveやタイムドメイン理論としてステップレスポンスの再現性に注力する考えもありました。このハーブ・ライヒャート氏の主張に対するブレント・バターワース氏の寄稿を紹介していきたいと思います。

# by tetsu_mod | 2020-07-24 00:16 | オーディオ

Mimesis 22 Signature + Magico Q1

Magico Q1オーナーのM先生が、新しいプリアンプを導入されたので遊びにいかせてもらいました。

Mimesis 22 Signature + Magico Q1_d0122127_00093981.jpeg


Mimesis 22 Signature + Magico Q1_d0122127_00095271.jpeg



Mimesis 22 Signature....!!!
当時のGoldMundのフラッグシップモデルです。

以前から凄い再生でしたが、文字通り「格が違う」でした。
なんでプリアンプを変えただけなのにこんなに低域の土台から変わってしまうんだ...
流石のハイエンドの再生で、柔らかさと情報量、ヌケと静寂感、重さと軽さといった相反する表現を同時に高レベルに両立する世界観でした。
M先生、また遊びに行かせてください。

タグ:
# by tetsu_mod | 2020-06-17 21:00 | オーディオ