適材適所?

アレから、3886アンプの定電圧部分のTRで差し替え遊びをしてました。
C57/A571も入手してみて、なかなかの好感触。
コンプリだしなぁ、てことでGT-CD1のDACの終段に入れてみました。
ちなみに定電圧で試してA999/C2320よりいいな、と思ったのはC97/A571、A606.
C984が少し違った毛色だった。これもよかった。

ってのが4日前。




結論『合わない』


なぜ?
1.回路が不向き?
2.A999/C2320<A571/C57<A1837/C4793?
3.終段だけだから?他と毛並みが合わない?
K式銘石はやはりK式回路でこそ最大限の魅力を発揮するのか?
小型TRとの置き換えは上手くいっても、TO-220にはイマイチ?
回路見直してバイアスとか調整しなきゃ真価を発揮しないのか??
全部K式石にしなきゃ駄目か?そんな予算ないなぁ(滝汗

分かりません。
が、確かに音は悪くなってます(爆
一部の音の抜けはよくなるんだけどね・・・。
採用する気にはなれません。

このままA1837/C4793に戻してもいいんだけど・・・。
ソ〇ルノート採用の石にしてみようかしら。
@100円だし。
A1006/C2336は廃盤で入手性が--;
試してみたい気もする。

K式石たち、どうしましょう。
定電圧部分に使うか、三端子reg入れ替えのシャントreg/LED電源にしてみましょうか。
いる人がいれば分けてもいいんだろうけど・・・コアな趣味すぎてそんな仲間いねーかw

考想はいいんだけど、いつ作れるのだろうか・・・。
[PR]
by tetsu_mod | 2008-12-12 14:36 | オーディオ | Comments(0)