人気ブログランキング |

Klein und Hummel O500C

先日のNeumann KH420体験が印象に残っていたところ、
その前身たるKlein und Hummel O500Cのユニットセットを入手することができました。


d0122127_19193369.png

Klein und Hummel (K+H)がノイマン・ゼンハイザー傘下になったことから、後継機種はNeumann KH420になったんですね。

d0122127_19144930.jpeg
入手できたのはモノラル分のユニットセット+mid/high waveguideだけです。
いわゆるジャンク扱いですが、ユニットのコンディション自体は良さそうです。


d0122127_19164747.jpeg
ウーファーはかなり重厚な造りの、フランスPHL社のB303-8でした。
バスレフ向きユニットで、推奨は65L(ポート33Hz)です。


d0122127_19175799.jpeg
 ミッドユニットはATC、ツィーターユニットはSEASです。


一番興味を持ったのはこの大型のmid/high waveguideですので、早速測定してみます。


d0122127_19185905.png

d0122127_19203778.png

d0122127_19204868.png


軸上は補正ありきでの設計ですね。
そこで、軸上を0dBに正規化してみたところ、軸外への滑らかさはさすがですね。
形状はGenelec 1037/1038にとてもよく似ています。


d0122127_19214372.png

このmid/highを合成すると、確かにメーカー公表の軸外特性になりそうです。


d0122127_19224630.png

d0122127_19225749.png

それでもO500Cでは15kHzでの軸外特性には乱れがみえますが、後継機種であるKH420ではさらに改善されていることから、ツィーターwaveguide+phaseplateにさらに改良が入ったのでしょう。
実に見事な特性です。

d0122127_19244351.png

d0122127_19245739.png

見比べると、自分のATC SCM50P+waveguideツィーターはちょっと指向性が狭いようですね....
3/4inchのおかげか、phaseplateなしでも軸外への乱れはより高いところに逃げてくれているようです。

やはりトップメーカーから学ぶものは多いですね。

Commented by 2H at 2019-11-23 19:31 x
ご無沙汰しております。
お忙しいのにいつも詳細に検討なさっていて凄いなぁと思いながら読ませていただいています。

実は先程、吉田苑へ出没しておりました。久しぶりにオーディオショップ訪問ができて刺激を得てしまいました(笑)
今回は時間が無かったのですが、またお会いする事が出来ればなと思います。
Commented by tetsu_mod at 2019-11-23 23:25
> 2Hさん
ご無沙汰しています。
なんとTIASじゃなくて博多に笑
またこちらに来られたらお声かけください、再会を楽しみにしています。
by tetsu_mod | 2019-11-21 19:26 | オーディオ | Comments(2)