ATC SCM25A

昨今のニアフィールドモニターは、各社コンパクトパワード3wayがトレンドになってきていますが、ATCのSCM25Aを聴くことができました。

d0122127_10251784.jpeg

このサイズではNeumannやGenelec、最近ではDynaudioもコンパクト3wayを出していますが、しっかりとATCの個性のあるスピーカーでした。やっぱりパワードの有利さは感じますね...
先日聴いたAmphionと比較して、ミックス向きのAmphionとマスタリング向きのATCといった感覚を感じるものでした。
いいスピーカーでした。


[PR]
# by tetsu_mod | 2017-05-22 10:27 | オーディオ | Comments(0)

Amphion Two15

前回に続いて、Amphion Two15です。
d0122127_02005277.jpeg
ウーファーが15cm、バーチカルツィンになります。
サウンドイメージはそのままに、ローが伸びた印象ですが、決して量感豊富なローではなく、どちらかと言うと節操あるタイプのストイックなローです。ミッド〜ハイはとても精緻な表現が印象的で、定位(楽器の配置)はとてもよく描写されます。
ブックシェルフ型による空間表現が好きな人は聴いてみてほしいスピーカーです。

[PR]
# by tetsu_mod | 2017-05-13 02:02 | オーディオ | Comments(0)

Amphion One12

Waveguide構造で有名なAmphionの小型モニターを聞かせてもらいました。

d0122127_12411426.jpg

d0122127_12411655.jpg
空間表現は秀逸なものがあります。
パッシブラジエーターの特徴なのか、美味しい音量があり、極小音量ではちょっと寂しい感じです。
一回り大きいOne15 or Two15を聴いてみたくなりましたね。

[PR]
# by tetsu_mod | 2017-05-07 12:43 | オーディオ | Comments(0)

LUXMAN LX-380

好評価されてましたので、聴きに行ってみました。
d0122127_18172801.jpg
本作から設計者が世代交代したみたいで、横もフルサイズになり、かっこいいです。

真空管アンプらしい質感を保ちながら、空間表現やアタック感などは現代水準で、バランスが白眉なアンプです。
いいですね、これ。
LECUA搭載などで少し高くなってしまいましたが、これにHarbeth HL-Compact7ES3組み合わせれば...
と往年の黄金組み合わせの現代ver.に思いを馳せたくなる音でした。

[PR]
# by tetsu_mod | 2017-05-04 18:20 | オーディオ | Comments(0)

Iridium17さんの著作、『自作スピーカー測定・Xover設計法マスターブック』を遅ればせながら入手しました。
d0122127_01471897.jpg
知人たちの力作です。
思い入れたっぷりに読ませていただきました。
日本語で現代的なクロスオーバー設計について記述されているものとしてとてもいい本です。
というか対抗となる書籍がない現状が...

スピーカー自作をされる方の皆さんに手にとっていただきたいものです。

[PR]
# by tetsu_mod | 2017-05-03 01:50 | オーディオ | Comments(0)

Mute Panel + 音響板

フロントの天井・コーナーの対策の効果がどうだったかです。
別日に行ったので、厳密にマイクの位置や室内状況、また音量・ゲインが揃っているわけではなさそうですが、だいたいの傾向としてほぼ同一位置での測定を比較してみました。ですので、データは参考程度です。
d0122127_22052653.jpg
緑色が天井・コーナーの対策後ですが、100〜1kHzの広い範囲でpeak / dipが改善しています。
100Hz以下の低域ではほぼ同等のため、定在波ではなくコーナーでの残響やフラッタエコーに効果があったものと推測しています。

d0122127_22121443.png
歪み率も400Hz以下で改善していますが、やはりゲイン・音量が厳密に揃っている確証はないため、参考記録ですね...

聴いてみてどうか、ですが。
いい気がします。少なくとも悪くはなさそう。
テレビにおいてすら、vo.帯域の明瞭度が上がった気がします。

[PR]
# by tetsu_mod | 2017-03-25 22:14 | オーディオ | Comments(0)