<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ATC SCM50P(17)

ユニットがない間に、エンクロージャー側の外装をお手入れします。
今回はスピーカーターミナルです。

当たり前ですが、25年の歳月でターミナルは錆びが周り、
樹脂製のブッシュの一つは砕け散っていました。
d0122127_1845441.jpg


綺麗になりました。
d0122127_18454047.jpg


樹脂製ブッシュと、サブバッフル取り付け用のネジは新品を手配しようと思います。
...さすがに汎用品ですませます。
[PR]
by tetsu_mod | 2017-01-22 18:46 | オーディオ | Comments(0)

KENWOOD KT-2020

中高生のあいだはラジオっ子で、NHK-FMのミュージックスクエアを一生懸命テープに録音していました。

というわけで、チューナーはずっと欲しかったのです。
友人宅で10年間休眠していたのを、また別の友人にメンテナンスしてもらい、
このたび新品同様のコンディションで拙宅にお迎えすることになりました。

d0122127_23195255.jpg


KENWOOD KT-2020です。

なんと元箱・説明書・付属AMアンテナあり、各種調整はカタログスペックまで追い込んでもらって...
本当にお二人にはお世話になりました。ありがとうございます。
音? いいです。とてもご機嫌です。
[PR]
by tetsu_mod | 2017-01-21 23:22 | オーディオ | Comments(0)

ATC SCM50P(16)

ユニットがない間に、エンクロージャー側の外装をお手入れします。
メラミンスポンジ -> コンパウンドをかけるだけですが...

before
d0122127_2393326.jpg


after
d0122127_2395548.jpg



サブバッフルはかなり艶が出ました。
というか出すぎてしまい、後々はマットにしようか検討したいと思います。
d0122127_2311988.jpg


一方で、エンクロージャー側は塗装・突き板ともにかなりダメージが入ってます。
d0122127_23121374.jpg

d0122127_23122987.jpg

d0122127_23124572.jpg

d0122127_23125848.jpg


いつかは、根本的には突き板の貼り直しからのやり直しを検討したいと思います。
[PR]
by tetsu_mod | 2017-01-21 23:14 | オーディオ | Comments(0)

ATC SCM50P(15)

d0122127_1565589.jpg


というわけでウーファーはオーバーホールに出すことにしました。
しかし、同じ条件のエンクロージャーにミッドも入っていたわけですし...

インピーダンスを測ると、ミッドも左右差があります。
d0122127_158026.png


やっぱり、ミッドもオーバーホールに出すことにしました。
d0122127_1582435.jpg


これで、ツィーターは交換、ミッド・ウーファーはOHです。
しばらくはSCM12slに再登板してもらい、OHしてる間にエンクロージャーやスピーカーポストのメインテナンスを進めたいと思います。
[PR]
by tetsu_mod | 2017-01-20 15:10 | オーディオ | Comments(0)

ATC SCM50P(14)

まず、バスレフエンクロージャー(Vented-port box)なのに低域インピーダンスピークが1つだけで、しかも左右差があることが気になります。

d0122127_1527364.png


そこでATC社に問い合わせをしたところ、
checking if the internal wadding/acoustic absorbent has blocked the inside end of the port
とのこと。

バスレフポートを覗くと、確かに吸音材がかぶっていますので、調整しました。
d0122127_15303117.jpg

d0122127_15304313.jpg


ウーファーを戻して聴いてみると、低域の量感がしっかり出てきましたし、インピーダンスピークも2つ見えます。
d0122127_15312759.png


がしかし、まだ左右に差があります。
そこで、ウーファーを取り外してフリーエアで測定してみました。
d0122127_1532550.png


1077: Fs = 32.51 Hz, Qms = 1.85, Vas = 80.60 liters
1078: Fs = 33.30 Hz, Qms = 0.85, Vas = 52.98 liters
カタログ: Fs = 31 Hz, Qms = 1.70, Vas = 76 liters
パラメーターを測定してみる限り、少なくとも片chは修理が必要です。

一方で、midユニットは修理不要との判断をしてもらいました。
近々、ウーファーは旅に出ることになりそうです。
しっかり直してもらっておいで。
[PR]
by tetsu_mod | 2017-01-05 15:34 | オーディオ | Comments(0)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
皆さま、今年も遊んでください。

今年も趣味の目標をたてたいと思います。

2017年の目標
1. ATC SCM50Pの整備
2. ATC SCM50Pのスタンド
3. IPD1200をもう1台入手する
4. ATC SCM50Pのブラッシュアップ
5. Urei 1122の電源
6. CEC ST-930のモーターフローティング
7. オーディオ専用ブレーカー・屋内配線
8. 痩せる

5,6は昨年の目標の持ち越しです。
昨年、入手した憧れのSCM50Pですが、なかなか極上とは言い難い状態です。
まずはしっかりとした整備をしたいところです。

さて、ユニットオーバーホールをどうするか、検討したいと思います...m(_ _)m
[PR]
by tetsu_mod | 2017-01-01 23:29 | オーディオ | Comments(0)