Nさん宅、288B

Nさんが新たにALTEC 288Bドライバーを入手されたので、拝見させていただきました。288B+805hornです。

d0122127_23184704.jpg

2.8inch, 24ohm, 115.2dBの勇姿です。以前つかっていた802Dドライバーが小さく見えます。

d0122127_23190270.png

歪率もよくコントロールされています。

d0122127_23191623.png

微調整の結果、綺麗なreverse nullも出てきました。

d0122127_23193325.png

しかし2.8inchドライバーともなると高域はさすがに窮屈で、4.5kHz -12dB/octでローパスになっています。
Nさんはさらに、ツィーターの追加や、クロス周波数の追い込みを予定されていました。
確かに3way化されてからが本領発揮でしょうか。
今日はありがとうございました、また次の展開が楽しみです。

[PR]
Commented by Iridium17 at 2017-10-17 23:27 x
てつさん、こんばんは。

素直な特性で素晴らしいですね。

ホーンシステムでReverse nullを出すのは難しいと思いますが、デジタルチャンデバでしょうか?

Commented by tetsu_mod at 2017-10-18 18:04
> Iridiumさん
お疲れ様です。
これがなんと、アキュフェーズのF-15です。ミントコンディションのALTECユニットの優秀さを感じさせられる特性です...
Commented by Iridium17 at 2017-10-18 19:29 x
なるほど...

ウーファーのエンクロージャは普通の形式ですか?それともフロントロードホーン?

最近よくホーンシステムのネットワーク設計を頼まれるのですが、ドライバの位置をどうするか、いつも悩みます。
Commented by tetsu_mod at 2017-10-18 22:05
ごらんの通り、フロントロードです。
http://naseba.exblog.jp/23868210/
サーフェスマウントでは、位相差が合う気がしません。ホーン開口部でツィーターをマウントしていた時にそう確信しました。
http://naseba.exblog.jp/23547790/
by tetsu_mod | 2017-10-15 23:22 | オーディオ | Comments(4)