takaさん宅 & ミーさん宅(2 REW編)

takaさん宅
d0122127_2037833.jpg

10畳の縦長使い、専用室でALTEC CRESCENDO 605Bです。

周波数特性(スピーカー+部屋)、歪み率
d0122127_20564218.jpg

d0122127_20593744.jpg

ドライバーはRchのほうがわずかに能率が低く、特性が少し揃っていないかも。
高域は7kHz程度までしか伸びていませんが、これをboostしても歪みが増えるだけですし、高域を伸ばすならばツィーターの追加でしょうが、そうなると同軸のメリットがなくなりますし... 個人的には、高域の伸びてなさが気にならないサウンドでした!

RT60、残響時間
d0122127_2105778.jpg

d0122127_2111526.jpg

10畳の専用室、ややライブで縦長使いですので、RT60も長めですし、低域残響は長くなっています。

waterfall、spectrum
d0122127_2121431.jpg

d0122127_212401.jpg

なので、部屋長軸方向の42Hzの定在波はすごいことになっています。
ところが、ALTEC CRESCENDO 605Bの国産箱がほぼバスレフ動作をしておらず、ARTA near field測定では80Hz程度までしか再生していません。あえて低域を出していないことで、定在波の影響が気にならないのかと... このセッティングで30Hzまでレスポンスのあるスピーカーを再生すると、定在波で気持ち悪くなりそうです(笑)

聴感上でも感じましたが、High/Lowともに欲張らずに、部屋の影響も含めてまとめたシステムという印象です。


ミーさん宅
d0122127_20461785.jpg

4.5畳、Sonus Faber Cremonaです。

周波数特性(スピーカー+部屋)、歪み率
d0122127_2194732.jpg

d0122127_2110057.jpg

ハイエンドシステムらしい特性です。
Highもスッキリ伸びています(笑
個人的に興味深かったのは、4.5畳にcremonaなので低域が暴れるのかと思ったところ、左右でキャンセレーションディップが上手にズラされていることです。ミーさんに伺ったところ、わずかに左右でのセッティング条件(SP〜壁距離)を変えているとのこと、そのうえで定位を追い求められたとのことです。

RT60、残響時間
d0122127_2113045.jpg

d0122127_21131098.jpg

天井が高めの4.5畳、デッドな調整をされているため、残響時間は全帯域でよくコントロールされています。

d0122127_21144668.jpg

d0122127_21145790.jpg

部屋の寸法が立方体にやや近いため52,62,68Hzに残響が見えます。

デッドめの部屋でニアフィールドですから、ともすれば味気ない再生になりがちなのですが、ミーさんの再生は爽やかさと艶・色気が両立しているのは、vo.帯域の残響などにあるのかな、とも思うのですが... 自分の修行不足でそこまではわかりません(笑

お二人とも、快く測定させていただき、ありがとうございました。
本来であれば、もっと詳細なデータもとれれば良かったのですが...
また時間を作って遊びに行かせてください。
[PR]
by tetsu_mod | 2016-07-31 21:07 | オーディオ | Comments(0)