multipoint REW測定(9 終)

最後に、ターゲットカーブとEQ補正の作例を
・複数点計測
・複数の測定データ
・低域のみ
・cutのみ
・最小補正
のルールに則っても、最終的にどのようなターゲットカーブ・補正がいいかは最後は好みだと思っています。ケーブル・インシュレーターの好みと同じように、個々人のオーディオマニアの好みが出ると思っています。

例えば、個人的には1/3オクターブ平均化周波数特性を元にターゲットカーブを決めますが、今回のデータでは-0.6〜0.8dB/octの右肩下がりのカーブが候補として考えられます。
それぞれ、ターゲットカーブと補正値カーブです。

-0.6dB/oct
d0122127_19145781.jpg

d0122127_191594.jpg


-0.7dB/oct
d0122127_19152937.jpg

d0122127_19154025.jpg


-0.8dB/oct
d0122127_19161064.jpg

d0122127_19162389.jpg


すっきりパターン
d0122127_19164436.jpg

d0122127_19165265.jpg


右肩下がりが強いほど、重厚な音になりますし、
右肩下がりが弱いほど、軽快な音になります。

右肩下がり特性はスピーカーの軸外音響特性および部屋の反射特性に左右されるものです。
(指向性が悪く、吸音の強い部屋ほど、右肩下がりが強く、重厚な音になる)
それでも、この最後の微調整は好みの余地があると感じています。
実際に、-0.6~-0.8dB/octのターゲットカーブに基づく補正は、それぞれ大きく傾向が違いますし、それは拙宅ではケーブルの変化よりも大きく、かつ好みに基づいて判断されるものと感じています。

一旦これでmultipoint REW測定の項を終わろうと思います。
[PR]
by tetsu_mod | 2016-07-02 19:20 | オーディオ | Comments(0)