multipoint REW測定(8 番外編2)

前々回に1点だけの全帯域フラットへboost補正することは予期しないpeakをもたらすことから、あまり意味がないと結論付けましたが、これを別の観点で見るとどうなるのか。

今回は時間軸と軸外音響特性で考えてみます。
「豊かなステレオイメージには滑らかな軸外音響特性が必要」は近年広く提唱されており、無指向性スピーカーでない前方投射型スピーカーでもキーワードになっています。コンシューマーパッシブスピーカーではAvalonが早くから提唱していた記憶があります。

理想的な軸上音響特性・軸外音響特性をもつスピーカーと、理想的な反射特性を持つ壁を考えた場合、直接音・反射音ともに滑らかな特性になるため、なだらかな右肩下がりのRTA特性が得られます。
d0122127_1971395.jpg


ここで、軸上音響特性が優秀だが、軸外音響特性および反射係数が良くない場合を考えると...
d0122127_198283.jpg

直接音は平坦な特性が得られますが、RTAでは凹凸の特性になります。
ARTAではgate measurementを用いることで直接音と間接音を分けて測定することが可能ですが、多くの測定ソフトウェアでは単純なRTAのみしか搭載されておらず、この凹凸がスピーカーの軸上特性なのか、軸外特性なのか、部屋の特性かを見分けるのは非常に困難です。


この不十分な情報のみのRTAで全帯域フラットへの補正カーブを組むとどうなるでしょう。補正カーブはあくまでスピーカーの振幅を変えるだけのものなので、直接音だけ・間接音だけを補正することは不可能です。
d0122127_19124478.jpg


RTAの見かけだけは滑らかな美しい特性になりますが、直接音は本来とは違う音になってしまうため、定位が崩れたり、一部の帯域だけが強調されることになります。これが軸外特性が悪いスピーカーを補正しても意味がない理由です。

高域方向はさておき、一般的に軸外特性が悪いスピーカーはクロスオーバーの設計が悪く、ユニット間の軸外特性が揃っていないために中抜けをおこしていることがほとんどです。おそらく、従来のスピーカー自作で「クロス周波数は人の声の帯域から外すべき」と言われているのはこの理由に根ざすものだと思われます。
個人的には、軸上特性がフラットかつ、満足のいく軸外特性をもつスピーカーは中域以上は補正不要だと思っています。補正は低域のみで、中高域の特性に満足がいかない場合は部屋の反射特性を対策すべきです(反射・吸音)。

じゃあ、僕がしているような低域は補正しても構わないのか?という疑問ですが、個人的に取組んでいる低域の補正は部屋残響特性の調整です。また、直接音の補正による定位に関してですが、人間の方向定位感覚は高域では両耳音圧差(音量)によりますが、低域では両耳時間差(位相差)によります。
むしろ部屋残響特性により低域がカブって位相反転をおこす方が問題になると考えられています。

d0122127_193047.jpg

矢印の部分で低域の位相回転が変極しており、逆位相の強すぎる反射音(=残響音)の影響が見られます。実際に音圧変化も強いdipを示します。
なので、低域の補正に関してはむしろ定位が良くなるのでは、と考えています。

結論としては、
・スピーカー設計の段階から軸外音響特性は定位に多大な影響を及ぼす
・ダメなスピーカーはEQかけてもダメ
・低域に関しては部屋の影響のほうが大きそうなので、EQをかける価値があるかも。


よく、EQでの補正をしていると、
「アクセサリー(ケーブル・インシュレーターなど)を否定するものなのか」
「すべてのスピーカー・部屋で同じ音になるのか」
「ルームアコースティック対策(パネルなど)は不要になるのか」
などを聞かれますが、答えはどちらも否です。
あくまで低域かぶり、部屋の残響特性への対処の1つの手段としてしか、現代のEQ技術では使えないと思っています。
[PR]
Commented by muu at 2016-07-22 01:53 x
私の狭い部屋(集合住宅・洋室・6帖)でオーディオやってみると、
「はじめに部屋の欠陥、癖ありき」を認めることからスタート
というのが実感でした。
原因がスピーカー側でどれほどなのか、部屋側でどれほどなのか、
勘と耳でやってると判別が難しいときも。

直方体・左右非対称の部屋で、6面全てを対策したいけれど、部屋の造り自体に限界もあるし。
今は 部屋については適当なところで妥協しています。
Commented by tetsu_mod at 2016-07-22 21:48
> muuさん
お疲れ様です。リビング派としては、その6畳間でも羨ましい部分です...
数年前にmuuさん宅で測定させていただいたときよりも機材・ソフトウェアともに進歩して、最近では少しずつですがスピーカーと部屋とを分けて測定できるようになってきました。
理想の部屋というのは、それだけで学問ですので、集合住宅リビング派としてはEQに福音を求めたいところです^^;
by tetsu_mod | 2016-07-01 19:35 | オーディオ | Comments(2)