multipoint REW測定(5)

ターゲットカーブの作り方で最小補正としましたが、
拙宅では150Hz以上の傾きをベースにターゲットカーブを設定するようにしています。

というのも、残響特性が250Hz以下で残響時間が長くなるため...
RT60
d0122127_1117391.jpg


残響時間により残響減衰が揃わないためです。
Decay(40-80-120-160msec)
d0122127_11184726.jpg


Waterfall
d0122127_11191589.jpg


Spectrum
d0122127_11194230.jpg


Decay, Waterfall, Spectrumで見ても150Hz以下のpeakが残っていることが分かります。
この部屋に規定されてしまう残響過多を対処することこそがroom EQの目的だと思っています。さらに言えば、ベーストラップや共鳴管で対処できないリビングオーディオこそroom EQの真骨頂かと...
また、このような特性は一点RTAで周波数特性だけをみても汲み取りにくい情報です。
しかし、複数の測定方法の意味と解釈を勉強すれば、もっと面白くなると感じています。
(続)
[PR]
by tetsu_mod | 2016-06-26 11:23 | オーディオ | Comments(0)