クロスオーバー-93

20kHz以上はマイク(NTi audio M4260)の校正範囲外ですが、一応測定してみました。
d0122127_15183539.jpg

スーパーツィーターまでを含めた周波数領域の校正には、Earthworks M50が必要になるのかもしれませんね…


昨日のクロスオーバーで、2ch mode sweptでの測定データでreverse nullが崩れるのを、Lの値で調整してみました。
d0122127_1519410.jpg

d0122127_15191523.jpg

が、reverse nullの頂点が低域方向へシフトしてしまいます。
いずれにせよ、0.68mHのコイルを購入して、インダクタンス・周波数特性を測定しながらほどいて調整が必要そうです。

一方、1ch modeでの測定データでは、reverse nullはほとんど見えません。
d0122127_15193548.jpg

d0122127_15194619.jpg

これは前述の検討通り、2ch mode測定データを信じようと思います。

最後に、ツィーターの能率調整用の抵抗で高域の調整ができるか、です。
d0122127_1520349.jpg

d0122127_15201458.jpg

3.9Ωで設計してきましたが、3.0Ω・4.7Ωにすると±0.7dBの調整ができそうです。
また、reverse nullもなんとか許容範囲内になりそうです。

さて、そろそろ検討は終了してもよさそうかな?
[PR]
by tetsu_mod | 2015-08-10 15:21 | オーディオ | Comments(0)