PCM-10(21)

もともとのYAMAHAのターミナルボードも非常に味わいがあるのですが、ターミナルボードにネットワークが一体化されており、やっぱり流用は難しそうです。そこで汎用ターミナルボードに交換することにしました。

d0122127_21131897.jpg


バッフル板の化粧に用いた9mm MDFが余っていたので、さっくりとアダプターを作成。
本来ならMDFの塗装はシーラントやサーフェイサーを使って塗料の吸収を抑えるべきなのでしょうが、裏側の部品なので、チークニス -> つや消しクリアニスでざっくりと仕上げるつもりです。
[PR]
Commented by ぐり at 2015-06-11 17:44 x
こんばんは

確かにヤマハのターミナル、味があって惹かれますね。
NIPPONN GAKKI という表示もいいですねぇ。
ただ流用って意外と難儀なので確かに新しいもの付けたほうがいいんでしょうね。
MDFも他の木材もそうなんですが木口だけはどうしてもそのままだと荒れてしまうので自分の場合だとサーフェーサー吹くほどの事がない場合は木口だけとの粉を使ったりします。
との粉は安いし塗るのも簡単なので。

綺麗に面取りされてますね(^^)
Commented by tetsu_mod at 2015-06-12 23:18
> ぐりさん
そうなんですよ、この日本楽器を残したかったんです。しかし、ユニットの奥行きが増えた関係で、ターミナル裏側と干渉するんです... 泣く泣く諦めます。
コメントいただいたので、今日との粉を買ってきました(笑)練習してみます。
あ、面取りはいつもの手カンナの適当加工です...^^;
by tetsu_mod | 2015-06-09 21:15 | オーディオ | Comments(2)