PCM-10(17)

NTiオーディオのマイクがメーカー校正から帰ってこないため、PCM-10を進めます。
エンクロージャーの塗装方法について調べていました。一般的にスプレー環境を持てない僕のようなへっぽこ素人は、
ステインで着色→水性or油性クリアニス→つや消しニス 仕上げが無難かつ失敗が少ないようです。
ニス着色は、素人がハケで薄く一定に塗るのは難しく、色ムラが起きやすいためですね。


が。
ドナーエンクロージャーは白木突き板のうえに、ラッカーもしくはニスのクリア層があります。
d0122127_2211551.jpg

ステインが染み込みません (T_T)
突き板を傷めず、クリア層だけを綺麗に剥がす.... 無理でした。
でも、今のナチュラルカラーでは....


諦めて、着色ニスにすることにしました。
240のペーパーで表面をさらった上で、ワシン 油性ニス チークを、薄めてハケ塗りします。
d0122127_0213749.jpg

ニス着色は、素人がハケで薄く一定に塗るのは難しく、色ムラが起きやすいです(T_T)

とりあえず、1回塗って、400のペーパーをかけたところです。
とにかく塗膜を薄く、一定に、を心がけ、頑張りたいと思います.........
[PR]
Commented by PC_Audio at 2015-05-20 20:28 x
広いメンを一定に塗り込むのは コテバケ とか スムーサーが 
おすすめ!
Commented by tark at 2015-05-20 21:27 x
エアブラシ使うなら貸しますよ!
Commented by tetsu_mod at 2015-05-20 22:34
> PC_Audioさん
コテバケは気泡ができるのでダメかと思っていましたが、どうもローラーと混同していたみたいです。次回、試してみます!

> Tarkさん
エアブラシでこの面積、むしろ難しい!(笑)
サイドに模様いれたくなったら借りるかも...
Commented by PEGASUSの Oです。 at 2015-05-21 01:38 x
刷毛塗りのこつは、刷毛の根元に沢山塗料を含ませないようにすると、薄い塗料でも流れずに塗れます。刷毛を根元から、しごいては塗り、しごいては塗り・・・の繰り返し
です。そうしないと、刷毛の根元に溜まった塗料が流れ出し、涙を流したように、なりやすいです。一度に沢山塗り付けないようにするといいですよ。ストロークを長くすると、刷毛目が伸びて、スプレーしたように、塗れます。
Commented by tetsu_mod at 2015-05-21 12:38
> Oさん
薄めて少しずつ、を心がけて綺麗に塗れるところもあったのですが...
エンクロージャーの縁で反対側に塗料がたまり、修正しようとしてるうちにわやになる...という感じです。素早く、薄く、縁に塗料をためない、の三つのバランスが難しいです。練習ですね^^;
by tetsu_mod | 2015-05-20 00:23 | オーディオ | Comments(5)