Sonus Faber Guarneri Homage - Active crossover (1)

Sonus Faber社の名機スピーカー、Guarneri Homageのアクティブクロスオーバー化のお手伝いをさせていただく機会がありました。Guarneri Homageといえば1992年発売ですから、もう22年前のスピーカーですが、その後のGuarneriシリーズのなかでも、僕はHomageがもっとも姿・音ともに好ましいと思っています。今回、Active crossoverにされるとのことで、喜んでお手伝いさせていただきました。

Guarneriシリーズはかなり背の高いスピーカー(スタンドが高い)ですが、試聴位置も高くしてツィーター軸上で聴かれているとのことなので、今回はツィーター軸上1mでの周波数特性で追い込んでいくことにしました。
まずはノーマルクロスオーバーの評価をしていきます。

normal passive crossover far field, normal polarity
d0122127_8492424.jpg

絶対位相回転も穏やかですし、大きなdip,peakもありません。
10kHzからやや上昇、18kHzから減衰しています。
Stereophile.comの測定とほぼ同様です。
今回はクロスオーバーのみの改造ですので、near field,port responseの測定はしていません。far field測定のみなので、300Hz以上しか評価対象にしていません。

normal passive crossover far field, reverse polarity
d0122127_8532911.jpg

純正ネットワークで、tw/wfを逆相接続にした場合です。
reverse nullも出ていますが、形はやや歪です。

ここから、ユニットそれぞれの特性測定を行っていきます。
normal passive crossover far field, tweeter
d0122127_854356.jpg


normal passive crossover far field, woofer
d0122127_8551847.jpg


インパルスレスポンスの波形から、tw/wfは逆相接続になっていることが分かりました(画像なし)。
つまり、上記のreverse nullは正相接続で観察されており、12dB/octでのクロスが予測されます。
ところが、"crossover frequency: 2.5kHz. Electrical crossover slopes: 1st-order, 6dB/octave."と書かれています。
ホンマか?
そこで、ARTAのtarget curveを重ね合わせてみます。
d0122127_945134.jpg

Linkwitz-Riley -12dB/oct, -24dB/octを重ねてみたところです。
ここから、Guarneri Homageの純正クロスオーバーは電気的には-6dB/octの設計だとしても、実際の音響的動作はLR2 crossoverであることが分かりました。

(続)
[PR]
Commented by Iridium17 at 2015-03-16 22:42 x
こんばんは。

TWのほうもだいたい-12dB/octで落ちているようですね。
Sonus faberといえば『伝統の6dBスロープ・クロスオーバー・ネットワーク』が売り文句ですが、Acoustic slopeは12dB/octだったとは!

非常に興味深いです。
さらなる謎解き、楽しみにしています。

Commented by tetsu_mod at 2015-03-17 01:05
> Iridium17さん
重ね合わせのグラフをキャプチャしてませんが、Twも-12dB/octでした。ベッセルでもバタワースでもなく、LR2でした。よくよく見ると、Electrical crossover slopes: 1st-order, 6dB/octave.との表記なので、あくまでElectrical slopeであってAcoustic slopeは別なんだ、とのことなのだと思います。
フランコ・セルブリン氏の音響工学とデザインの融合に惚れ惚れするスピーカーでした。
Commented by Iridium17 at 2015-03-24 21:08 x
以前こちらで、Zaphのウェーブガイドを使った作例はなぜLR2なのか?という話をさせてもらいましたが、Guarneri Homageの測定結果を見せてもらってその理由が分かったような気がします。

たぶんLR2にはLR4にない音の良さがあるんでしょうね。
こんな記事もありますし。

http://www.troelsgravesen.dk/DiscoveryW18.htm
http://www.troelsgravesen.dk/vocals.htm

ただ、LR2は作るのが非常に難しい。まずLR2に耐えられるWFやTWはごく希。それとAcoustic center offsetをネットワークで誤魔化すことが出来ないので、ウェーブガイドでTWを後退させるか、ZD5みたいにディレイネットワークを使うか、あるいは段付きバッフルにするか...ということでLR4と比べると相当ハードルが高いですが、いつか挑戦してみたいものです。

おかげで良い勉強になりました。
Commented by tetsu_mod at 2015-03-25 18:52
> Iridium17さん
おっしゃる通りだと思います。LR2にするには、かなり広帯域なクロスになるのでユニットを選ぶ感じがします。肩特性にも出ていますが、ガルネリのウーファーは軸上なら8kHzぐらいまでのびていますが、これを2.5kHzで贅沢にクロスさせています。Acoustic center offsetに関しても、連載の途中で書きますが、ユニットのフレームもいい働きをしてました。やはり名機と呼ばれるものは凄いですね。
今回はLR2/LR4両方のアクティブフィルターを作ったので、所有者からそのうち感想を聞いてみます。
by tetsu_mod | 2015-03-16 09:07 | オーディオ | Comments(4)