Linkwitz Transform-4

密閉型スピーカーでの目標とする最低共振周波数(fc)と先鋭度(Qc)ですが、どこが理想的なのでしょうか。


(http://www.maximintegrated.com/jp/app-notes/index.mvp/id/4525)

一般的によく言われるのは、Q=0.5の場合は臨界制動と呼ばれ、過渡特性が最良の状態です。もう一方が、 Q=0.7の場合では周波数特性が最良となります。質か量かの問題ですが、一般的にはQ=0.7〜0.9がいいと言われているようです。

そこで、市販密閉型スピーカーの特性表を何個か集めてみました。

クリプトン KX-5
d0122127_19342065.jpg

(http://www.kripton.jp/fs/kripton/kx-5)

以下はStereophile webからのデータです。

Harbeth HL-P3
d0122127_193493.jpg

d0122127_19344213.jpg


ATC SCM7
d0122127_1935178.jpg

d0122127_19353382.jpg


ATC SCM11
d0122127_19354943.jpg

d0122127_1936065.jpg


Aerial acoustic 5B
d0122127_19362119.jpg

d0122127_19363213.jpg


MAGICO V3
d0122127_19393517.jpg

d0122127_1939561.jpg


MAGICO Q5
d0122127_19402130.jpg

d0122127_19403240.jpg



眺めるとなかなか面白いですね。
クリプトンはどうもこのQの制御にはこだわっているようで、『7.厳選されたミスティックホワイトと天然ウールのハイブリッド吸音材による低域制動(Qo)特性の調整』とうたっています。聴いたことがないので、なんとも言えませんが... 特性を見る限り、Qは0.5〜0.7でしょうか、低域の伸びよりも過渡特性にこだわったように見えます。

悩ましいところですが、まずはQ=0.707で設計してみることにしました。
Audio Machinaも『The Bomb の回路構成は、Linkwitz フィルターをベースに構成され、The Ultimate Monitor との組み合わせにおいて、ベース再 生の指標となる物理量 Q値が密閉型スピーカーの最適値である0.7を厳密に実現するようにされています。』と言っていることですしね。


最低共振周波数ですが、極論すればこれは低ければ低いほど、ワイドレンジな再生が可能になりますが、中域の音圧に対して低域の音圧がブーストされるため、過振幅によるユニット破損の可能性や、非線形歪みの増加といったデメリットがあります。SCM12sl/ⅡのSCM20sl用ユニットは、sl化にモデルチェンジの際に、確か大振幅への歪み率低下などを言っていた気がします。うろ覚えですが、±9mmの振幅を補償していたような... 間違えていたらすいません。
答えは出ませんが、ここもAudio Machinaを参考にさせてもらって、1オクターブの低域拡大を目指そうと思います。

最終的に、
・目標とする最低共振周波数(fc) = 35Hz
・目標とする最低共振周波数での先鋭度(Qc) =0.707
となりました。これで、必要なパラメーターは揃いました。(続)
[PR]
by tetsu_mod | 2015-01-30 19:52 | オーディオ | Comments(0)