クロスオーバー-46 Tw 3rd

前回作製した、LR4 2kHz 2nd/2ndクロスオーバーは、最低インピーダンスが2.21Ωとかなり低いものでした。
Stereophile誌の計測に関する総説では、最低インピーダンスは2.76Ω〜4.26Ωがほとんどとなっています。
2.21Ωは、やっぱりかなり低めですね。

そこで、ウーファーを2nd orderのまま、ツィーター側を3rd orderで検討してみました。
normal polarity
d0122127_22103065.jpg

reverse polarity
d0122127_2211512.jpg


5-9kHzの上昇と、10kHz以下の低下の吸収はなかなか難しいですが、
最低インピーダンスは3.29Ωになります。これなら、安心できそうかな。

前回のクロスと、周波数特性・インピーダンス特性を比較してみました。
赤色:Tw 2nd. 黄色:Tw 3rd
周波数特性
d0122127_22135168.jpg

インピーダンス特性
d0122127_22142448.jpg


5kHz以上の特性は、アクティブに補正することも念頭に、
もう少し煮詰めてみたいと思います。
[PR]
Commented by PC_Audio at 2014-12-14 10:42 x
楕円関数フィルターなど如何でしょう!?
Commented by tetsu_mod at 2014-12-14 15:28
不勉強にて楕円関数フィルターを知らないのですが、
http://www.azuma-sano.x0.com/electric/filter/elp_filter.pdf
http://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/Speaker/filters/
これらのサイトで紹介されているものでしょうか?
Joseph Audioも-120dB/octなんてクロスオーバーを作るようですね、どうやってるんだろう。

確かに、より俊敏なカットを使えばユニット間の干渉帯域が狭くなるのでユニット位相差における周波数特性の乱れには強くなる(=鉛直方向指向性も良好になる)のですが、実は以前にデジタルクロスオーバーで-48db/octや-98db/octの音も聴かせてもらったことがあるのですが、好きになれなかったんですよ...(苦笑) 今でもLR2のほうがいいのかな、とも思ったりするぐらいです。
また、拙宅ではツィーターの高さが75cmで、床に座って聴く形です。バッフルステップやウェーブガイドの構成から考えて70cmは離れて聴くことが必要と考えると、鉛直方向(下方向)に30°も解離するのはほぼ床に寝そべらないと不可能なので、そこまで気にしなくていいかな、と思っています。
鉛直方向指向性はデータとして出したものであって、ツィーター軸上で聴けばいいと思う事にします。また、鉛直方向指向性を良好にしたければ、同軸ユニットが必要になります。これはいつか別の記事にまとめたいと思っていますが、Genelec 8260A/8351A、自作用ユニットではSEAS excel C16N001/F E0051-04/06になるかと... seasはいつか触ってみたいユニットではあります。 
Commented by tetsu_mod at 2014-12-14 18:57
Joseph Audio Pulsarでも、鉛直方向ではやはり30°程度で激しいディップを生じていますね(Fig.6)。
http://www.stereophile.com/content/joseph-audio-pulsar-loudspeaker-measurements
やはり、こればっかりは同軸にしないと根本的には解決しないでしょうね...
Commented by PC_Audio at 2014-12-18 14:02 x
鉛直方向の位相→急峻カット→楕円関数をと・・・

今、息子が使っている RL-906 も 同軸ユニット ですが、Vertical30度 は 結構** なので、ユニットは同軸 + 球体エンクロージャー も考えてみましたが、部屋の音響が一番影響あるような ..

進捗が早くついていけません(爆)
Commented by tetsu_mod at 2014-12-18 15:51
PC_Audioさん
表題に3rdと付けておきながら、electricには2nd/3rdのいずれで組んでも、acusticにはLR 4thにしてますので、分かりにくかったかもしれません。
Avantgardeがオールホーンの新型でまた俊敏なカーブを作っていますね。ホーンサイズのためにユニット位置が離れるので、相互干渉の少ないスロープが必要なのでしょう。

RL906は画像を見る限り、EVやAltecのユニットにあったような、ウーファー前のブリッジにツィーターを載せているタイプですか?LINNのしゃもじもそうですが、0°では同軸ですが正確にはボイスコイルの位置がズレているので、指向性は厳密には安定しないかもしれませんね。

Genelec 8351Aの特性を見ると、水平・鉛直が区別つきませんでした(笑
http://www.otaritec.co.jp/web-catalogs/genelec_8351_brochure_web.pdf
ちょっと、この世代のモニターの性能は今回ではとても無理です。Genelecで言えば、1030A/1031Aぐらいの性能を目標にしています。
by tetsu_mod | 2014-12-13 22:16 | オーディオ | Comments(5)