クロスオーバー-31 測定マイク検討

新規測定マイクの購入検討です。
購入条件は、信頼性とキャリブレーションデータです。

寡聞にして、測定用マイクの候補というのをあまり知りません。
そこで、Dayton EMM-6, NTi M4260, Earthworks E23,30,50を比較してみました。

d0122127_19425453.jpg


EMM-6が一番厳しいのは、S/N比でしょうか。
(キャリブレーションデータの信頼性までは言いっこなしとして)

M4260はフラットネスはclass2で、15-16kHz程度で最大-3dBの低下があります。
もちろん、キャリブレーションデータで補正されるのでしょうけれども、
個人測定ではS/N比が3dB低下することになります。
一方でNTi製品の凄いところは、 Long Term Stability: > 250 years / dB
まさに買えば一生もの。

EarthworksのM23/M30/M50は、カタログ上の周波数特性を並べると同じダイアフラムのようです。
(もちろん、横軸・縦軸の操作でパッと見は分からないようになってますが...)
選別品のダイアフラムで周波数特性の差と、プリアンプの差でS/N比が決まってる印象です。
下位グレードのM23でも僕の用途には十分な性能です。

信頼性のM4260か、周波数特性のM23、か...??
[PR]
Commented by Iridium17 at 2014-11-14 22:41 x
こんんちは。

DaytonのEMM-6を使っていますが、校正データはちょっと怪しい気がします。校正方法も明らかにされていませんし。

cross-spectrumという選択肢もあります。

まあEarthworksを買えるだけの資金がおありなら、そっちの方が良いと思いますが。

Commented by tetsu_mod at 2014-11-15 01:22
Iridium17さん
貴重なご意見ありがとうございます。EMM-6に関してはその校正データの検証をしている人もいますね。
cross-spectrumも選択肢として考えましたが、今回は少し奮発してみようかと思います。幸い、NTiもEarthworksもtomoca取り扱いで、付き合いのあるお店から入手できるので.... もう少し情報を集めて決めたいと思います。
by tetsu_mod | 2014-11-14 19:52 | オーディオ | Comments(2)