クロスオーバー-18 ウェーブガイド測定

ウェーブガイドを装着したので、測定もやり直しです。

今回、Dual ch測定用の治具を作ったので、以後のデータはすべて基本的にDual ch測定です。
純正ツィーターリングのみ、以前のSingle ch 測定のデータです。


ARTAのDual ch測定は、パワーアンプの出力をオーディオインターフェイスのインプットにループバックすることで、
スピーカー以外の装置の歪みなどを除外するモードです。

参考までに、意地悪でIPD1200のEQを動かして測定しても、検出された周波数特性に変化がなく、
ループバックによる校正がしっかりと働いていたことを申し添えておきます。


twのみ、純正ツィーターリング (Single ch)
d0122127_19491037.jpg


twのみ、ウェーブガイド
d0122127_475563.jpg

1.2〜9kHzにおいて、ホーンによる音圧増幅効果を認めます。
素人設計でしたが、しっかり動作しているようで安心しました。

twのみ、ウェーブガイド CSD
d0122127_4112181.jpg

CSDから音質を語れるレベルではないですが....
CSDも、後日に純正との相対比較をする必要がありそうです。


なお、参考までにウーファーの測定結果も掲載します。
wfのみ far field
d0122127_4125525.jpg


wfのみ near field
d0122127_4131949.jpg


wfのみ far field CSD
d0122127_4134549.jpg

[PR]
by tetsu_mod | 2014-10-10 04:17 | オーディオ | Comments(0)